Tinder案件

Tinderについての口コミなどネットの書き込みを見ていると、「案件」といった表現がたまに出てきます。

明確な定義はないと思いますが、

★Tinderがキッカケで知り合った人との継続的なコミュニケーションやリアルで出会うこと
を、仕事のタスクやプロジェクトに見立てて言っているのでしょう。

人とのコミュニケーションや出会いに「案件」というのはよく考えると失礼なことですが、こういう表現を使いたくなる気持ちもわからなくはありません。

それはどうしてかというと、Tinderは(特に女性だと)次々にマッチしたりお誘いが来たりして「複数の人との交流が同時進行で進む」ことがたやすく起こり得るからです。

同時進行で、お手玉のようにコミュニケーションやらリアルでの接見(!?)やらを進めていくのです。

たくさん相手がいると、それこそ「こなしていく」ような感覚になるのだと思います。

そういう感じと「案件」という言葉のニュアンスがマッチして使っているのでしょう。

Tinderだけでなく、他のマッチングアプリも利用していたら、さらに多くの可能性が出てきますし・・・

★A案件
★B案件
★C案件
★D案件
 ・
 ・
 ・
というのは、通常は仕事に使うものですが、それが人との出会いにも使われている、ということですね。

コメントは受け付けていません。